【2020年9月版】Googleアドセンスの審査の傾向と、合格に向けてやるべきこと

こんにちは、りょうです。

ブログで収入を得たい!という方がまずチャレンジするのは「Googleアドセンス」でしょう。

Googleアドセンスは、アフィリエイトと違い、広告がクリックされればサイト運営者に収益が発生する仕組みであるため、初心者でも稼ぎやすいです。

しかし、Googleアドセンスで収入を得るためには審査に通過しなければなりません

この審査、以前は簡単に合格できましたが年々難しくなってきていると言われています。

この記事では、2020年6月にGoogleアドセンス審査に合格(1回不合格の後に合格)した私の経験を基に、審査の傾向合格に向けてやるべきことをご紹介します。

Googleアドセンスの審査の傾向

ただやみくもにノウハウを漁る前に、まずはGoogle AdSenseの審査の傾向を抑えておくと良いでしょう。

2013年ごろからの審査の傾向を簡単にまとめると下のようになります。

2013年ごろ~

2013年ごろは、正直、どんなブログでも通るような状況でした。

1,000字程度の記事を4~5本書けば合格できました。

また、読者の役に立つブログである必要もなく、いわゆる「雑記系」でも余裕で合格できました。

2016年ごろ~

審査基準がやや厳しくなってきました。

この頃から「30記事は無いと厳しい」「1記事の文字数は最低1,500字くらいは必要」などの経験側に基づくセオリーが広まるようになりました。(それらが全て正しいとは思いませんが…)

また、「読み手に価値を提供するブログか?」も以前よりは問われるようになってきました。

さらに、はてなブログのような無料ブログでは段々通りにくくなり、独自ドメイン+Wordpressによってブログを用意する必要性が高まってきました。

スマホでコンテンツを閲覧するユーザーが増えたことを受け「モバイルフレンドリー」が重視されるようになってきたのもこの時期からですね。

2020年~

年初から新型コロナウィルスの感染が世界的に拡大したことで、広告出稿が大幅に減少しました。

それに伴い、Google AdSenseの審査は更に厳しくなったと考えられます。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、審査自体が行われなくなるケースも出てきています。

よし!記事も書いたし審査だ!と申し込んでも、こんなメールが届くのです・・・

 
りょう
審査にすら進めないってどういうことだよ…とかなりヘコみますね。

これからは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できているサイトであるかどうかが、より一層厳しく問われるようになってきています。

審査合格に向けてやるべきこと

以上を踏まえ、審査合格に向けてやるべきことを紹介します。

ちなみに、私が他のブログでGoogleアドセンスの審査に合格したときの状況を簡単にご紹介します。

  • 2020年6月に合格
  • ブログのジャンルは趣味系(特化型)
  • 6回ほど「コロナの影響で審査できない」と回答される
  • その後、1回「不合格」の通知を受ける
  • 下記のポイントを修正し合格
  • 合格時の記事数は30記事(1記事1,500~2,000字程度)
  • 合格時のPV数は1日100PVほど

それでは、合格に向けてやるべきことに進んでいきましょう。

まずはGoogleのポリシーを確認する

カタい話ですが、Googleアドセンスは単なるお小遣い稼ぎではありません

ユーザー・広告主・サイト運営者・Googleの4者で行うビジネスです。

ビジネスに参画するものとして、まずはGoogleのプログラムポリシーをきちんと読みましょう。

Googleがどのようなコンテンツを求めているかを知ることは、アドセンスの審査合格に向けた第一歩です。

Googleの考え方の基本は「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供すること」。

したがって「自分が満足するためではなく、ユーザー(サイトの訪問者)を満足させるためのサイトづくり」が何よりも重要です。

必ず独自ドメインで申し込む

前述の通り、現在は無料ブログでGoogleアドセンスの審査に合格するのは難しくなっていると考えられます。

合格を目指すならば独自ドメインのブログで申し込みましょう

独自ドメインのブログを作成するなら▶エックスサーバー がオススメ。

キャンペーン実施時には、ドメインが永年無料で取得できたり、サーバー利用料も割安になったりと非常にリーズナブル。

しかし、安かろう悪かろうということは無く、障害発生も少ないです。

また、ブログ初心者向けの講座(▶初心者のためのブログ始め方講座)も内容が充実していて、至れりつくせり。

これから独自ドメインでブログを始めるのであれば、▶エックスサーバー一択と言って良いでしょう。

Advance!

WordPress導入後は、有料テーマを購入して使いましょう

自分でイチから作り込むのは絶対にやめてください

そんなことをしている時間があったら、コンテンツの作成に時間を割くべきです。

有料テーマは10,000~15,000円程度の初期費用がかかりますが、無料テーマと比べ、デザイン性が高いサイトを手早く作ることができます。

特にオススメなのは「THE THOR(ザ・トール)」。本ブログでも使用しています。

通常価格は14,800円(税別)ですが、10月1日~31日までの期間限定で12,800円(税別)大変お得に購入することができます!

抜群に上位表示されやすい WP テーマ 【ザ・トール】

洗練されたデザインのサンプルサイトが数多く用意されており、すぐにプロ仕様の綺麗なサイトを構築できます。

また、ブログを作成・運営するための機能も充実しており、ブログ初心者にも使いやすいテーマです。

この機会にぜひお求めください。

最低限必要な4つのページを必ず設置する

まずは、ブログとしての形がしっかりしている必要があります。

以下のページは、ジャンルに関係なく全てのブログで必ず設置して下さい。

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせページ
  • 運営者のプロフィール
  • サイトマップ

WordPressの有料テーマであれば、これらのページを手早く作れる機能が装備されているはずです。

私が使用している有料テーマ「THE THOR」については、今後、これらのページの作成方法を別記事で紹介します。

コピペチェックを行う

見た目はきれいにしたのに何度も審査に落ちる場合、次に疑うのは「記事のクオリティ」です。

他に無いオリジナリティのあるブログか、は審査合格に向けて非常に重要です。

誰かが書いた記事をただ寄せ集めただけのブログは、書いている本人は満足するかもしれませんが、広告ビジネスにおいて存在する価値はありません

必ず、ツールを使ってコピペチェック(他のページと、どのくらい内容が一致しているかのチェック)を行ってください。

無料ツールのCopyContentDetectorで十分です。

4,000字までチェックできます。

全ての項目が安全圏内(緑色のバー)になればひとまずOKでしょう。

自分の記事内のネタかぶりもチェック!

他のブログのコピペはもちろんダメですが、自分のブログの他の記事と内容が重複するのも避けた方が良いです。

記事ごとに「誰に何を伝える記事なのか」をきちんと考えて、必要に応じて記事の構成を見直しましょう。

不要なカテゴリの整理

作ったものの、全然記事を書いていないカテゴリはありませんか?

そのような状態だと「コンテンツに穴がある」ように受け取られ、審査においてプラスにはならないでしょう。

目安として、各カテゴリ最低2記事以上は用意したいところです。

全然記事が書けないようなら、そのカテゴリは削除した方が良いでしょう。

画像のリサイズ・圧縮

文字だけでなく、必要に応じて画像を添えることは価値のあるサイトづくりに大切なことです。

しかし、画像ファイルは容量が大きく、何も考えずに入れ込みすぎるとサイトの読み込みが遅くなってしまいます。

ブログのアイキャッチ画像や、中に貼る画像のサイズは、必要以上に大きくしないようにしましょう。

また、容量も可能な限り圧縮した方が良いでしょう。

全ての画像ファイルを圧縮するのが望ましいです。

無料の圧縮ツール「optimizillaでファイルの圧縮ができます。

モバイルフレンドリーチェック

上の「審査の傾向」でも述べた通り、モバイルフレンドリー(スマホから閲覧するユーザーにとって優しいブログか)も重要な要素です。

Googleの「モバイルフレンドリーテスト」でチェックすることができます。

上の図のように「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されればOK。

ダメな場合は「ページの読み込みに関する問題」から、ご自身のサイトの問題点を確認し、改善しましょう。

よくある質問への回答

Googleアドセンスの審査は、なぜ落ちたのか、どうすれば受かるかがハッキリしない部分もあり、審査を受ける過程で色々な悩みが出てくるでしょう。

そこで、これまで私が受けた質問に対する回答を紹介します。

Q:アフィリンクは貼っていても良い?

アフィリンクを貼っているから落ちる、ということはありません。

しかし、あまりにアフィリンクが多いと「露骨に金を稼ごうとしているサイト」っぽく見え、審査に通りにくくなるのもまた事実でしょう。

Q:最低30記事必要というのはホント?

そんなことはありません。

もっと少ない記事数(10記事程度)で受かった人もたくさんいます。

大切なのは量より質。「ユーザーにとって価値のあるコンテンツか」です。

価値の低い記事をいくら量産しても、それだけで審査に通るのは難しいでしょう。

また、1記事の文字数があまりに短いと、内容が薄いコンテンツとみなされるおそれがありますので、1,500字以上は書くと良いでしょう。

Q:2週間ルールは守るべき?

よく、一度審査に落ちると2週間は間隔を空けた方が良いと言われますが、これもあまり気にする必要はありません。

特に「コロナのため審査ができません」という返答が来た場合は、すぐに再申請して良いです。(私はずっとそうしていました)

ただ、何も改善せずに再申請をしてもあまり意味はありません。

本ページで紹介したようなポイントを見直して、サイトの価値を高めてから再申請するのが基本です。

Q:画像はどのように作れば良い?

私のオススメはcanvaです。

素材やフォントが非常に充実しています。

画像サイズの調整もしやすく、ブログ運営者にはとてもオススメできるサービスです。

私は有料版(使える機能や素材が増える)を使っていますが、無料版でもブログ初心者の方には十分でしょう。

おわりに

Googleアドセンスの審査の傾向と、合格に向けてやるべきことを紹介しました。

コロナ禍で、なかなか審査に通らないという方のお役に立てていれば幸いです。

スポンサーリンク